眼科ブログ

近視矯正治療「オルソケラトロジー」のメリット・デメリットについて

先日、患者様から近視矯正方法についてのお問い合わせがありました。近視矯正方法にはいくつかの方法があり、近視矯正メガネやコンタクトレンズを用いた近視矯正が一般的ですが、レーシックや当院が重点的に取り組んでいるICLといった手術を行う近視矯正治療もあります。その他、最近では「オルソケラトロジー」という手術を行わない近視矯正治療が注目されています。

ギリシャ語が語源であるオルソケラトロジーは、「オルソ=矯正」、「ケラト=角膜」、「ロジー=療法」という意味です。高酸素透過性コンタクトレンズという特殊なコンタクトレンズを就寝時に装用することによって、睡眠中に「角膜」の形状を「矯正」し、日中を裸眼で過ごすことができるようになる「療法」がオルソケラトロジーです。

つまり、通常とは逆のコンタクトレンズの使い方をして、近視矯正を行う療法とお考えいただければ、わかりやすいかと思います。

なぜオルソケラトロジーによって近視が改善するかと言いますと、例えばジーンズの「穿き癖」がありますよね。穿いているうちに自然とついてしまうものです。それと同じように角膜も、長い時間コンタクトレンズを装用することで「くせ」が付きます。オルソケラトロジーはこの「くせ」を利用した近視治療で、特殊なコンタクトレンズを装着して寝ている間、角膜の形を変えることで網膜にきちんとピントが合うようにし、日中の裸眼視力向上に繋げています。一定の形になるとそれをしばらく保つという角膜の性質をうまく利用した近視治療です。

オルソケラトロジーの主なメリット・デメリットは次の通りです。
<メリット>
・手術が必要ないということ
・日中はメガネやコンタクトレンズが必要なく裸眼で生活できる
・スポーツを楽しみたい方、メガネやコンタクトレンズが煩わしい仕事の方でも安全に治療を行うことができる

<デメリット>
・効果が半永久的に続くわけではないこと
・強度近視、強度乱視の方は矯正できないケースがあること
・通常のコンタクトレンズと同じくらい感染症などのリスクがあること

個人差はありますが、通常は装着開始から一週間程度で、裸眼で生活するのに十分な視力を得ることができます。持続時間はだいたい8時間から36時間ぐらいで、装着している期間が長くなれば、それに伴って持続時間も長くなります。一人ひとりの角膜の形状に合った専用コンタクトレンズを装着する治療ですから、当院では精密に患者様の角膜の状態や形状を検査しています。

医学の発展で、近視治療の選択肢も以前に比べ広がっています。当院では初診の方を対象に、オルソケラトロジー治療の事前受付も行っています。オルソケラトロジーは自費診療ですので、初回適応検査は6,000円(税込6,600円)です。詳しくはお電話かHPを通じてお問い合わせください。ご参考になれば幸いです。

ページトップに戻る

和田眼科グループ医院

  • 和田眼科本院の写真

    和田眼科 本院

    お問い合わせ

    0798-39-3777

    兵庫県西宮市津門呉羽町1-28
    今津医療センター2階
    阪神・阪急今津駅 徒歩1分

    ホームページはコチラ

  • 和田眼科夙川院の写真

    和田眼科 夙川院

    お問い合わせ

    0798-39-8883

    兵庫県西宮市常磐町1-27
    ヤマイチPLAZA さくら夙川2階
    阪神西宮駅徒歩7分
    阪急夙川駅徒歩12分
    JRさくら夙川駅徒歩10分

    ホームページはコチラ