眼科ブログ

裸眼視力を回復させる新しい視力矯正手術「ICL(アイシーエル)」について

今週はICL8件を始め合計18件の手術を行いました。術後の経過も皆様順調で、見え方がよくなっていただき本当に良かったです。昨年来、当院でのICL手術は飛躍的に伸びており、主に20代前半から30代半ばの強度近視や乱視に悩まれていた患者様の裸眼視力回復に貢献することができました。

今後もこの流れを継続できるよう、スタッフ一同より研鑽を積んでまいりたいと思います。

私も経験がありますが、見え方が悪いと想像以上に仕事や日常生活が過ごしにくいものです。メガネやコンタクトレンズなど手軽に視力矯正する方法はありますが、朝起きて急いで外出しなければならないのに見つからなくて焦ったり、手入れが面倒だったりと結構手間がかかります。

また、メガネを作って何年か経つと度数が合わなくなったりして、視力検査して前より視力の数字が悪いと何となく憂鬱な気になったりもします。コンタクトレンズに関しても、「塵も積もれば山となる」ではありませんが、長年使用していると費用が結構かさむものです。

ICLは小さなレンズを目の中に移植することで近視や乱視を矯正し、裸眼視力を回復させる新しい視力矯正手術です。半永久的にレンズが使用できることと、メガネやコンタクトレンズのように着けたり外したりといった必要がないことから「眼内永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。また、角膜を削ることがないなどレーシックと比較しても多くのメリットがあります。

目から入る情報は8割とよく言われますが、ますます高度化する情報化社会の中、視力の状態、見え方の質は仕事だけでなくプライベートの充実に欠かせないものになっています。

目の屈折矯正は「メガネかコンタクトレンズ」で行うという時代は過去のものになりつつあり、芸能人の方達が行うなど認知度の高まっているICL手術は、これからの屈折矯正手術(近視治療手術)のスタンダードになっていく可能性があります。

もちろん、人の数だけ目の状況は違いますし、最適な治療方法も異なります。また、視力に関しても数値はあくまで一つの目安であり、見え方の感じ方は人それぞれです。しかし、裸眼視力が回復することでメガネやコンタクトレンズの煩わしさに悩むことなく快適に過ごせることは、仕事にもプライベートにも大きなメリットがあるのではないでしょうか。

当院ではICL無料説明会やICL無料検査などを定期的に行っております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。ご参考になれば幸いです。

ページトップに戻る

和田眼科グループ医院

  • 和田眼科本院の写真

    和田眼科 本院

    お問い合わせ

    0798-39-3777

    兵庫県西宮市津門呉羽町1-28
    今津医療センター2階
    阪神・阪急今津駅 徒歩1分

    ホームページはコチラ

  • 和田眼科夙川院の写真

    和田眼科 夙川院

    お問い合わせ

    0798-39-8883

    兵庫県西宮市常磐町1-27
    ヤマイチPLAZA さくら夙川2階
    阪神西宮駅徒歩7分
    阪急夙川駅徒歩12分
    JRさくら夙川駅徒歩10分

    ホームページはコチラ