眼科ブログ

白内障と老眼、多焦点眼内レンズについて

最近、中高年の方から「白内障手術を受けるタイミング」を、ご相談されることが増えてきました。

セカンドライフの過ごし方も時代とともに変化しており、働き続ける年齢も上がっている中、早くから白内障手術後の生活や過ごし方を意識し、白内障手術と眼内レンズの選択を考えておられる方が増えているのは、とてもいいことなのではないかと思います。

今日は、白内障手術を受けるタイミングに関連して質問を受けることが多い「老眼」と「多焦点眼内レンズ」について、少しまとめてみようと思います。

白内障と老眼について

ご存じのように、白内障は加齢とともにほぼすべての方が発症する目の病気であり、治すには現在のところ手術を受けるしかありません。

個人差はありますが、早い方なら40代から白内障は発症し、徐々に進行していきます。

また、老眼の傾向も同時期から出る可能性があります。

白内障と老眼の見えづらさの違いについては、下記のブログをご参照ください。

老眼と白内障の「見えづらさ」の違いについて

 

50代・60代を白内障や老眼の見えづらさを我慢して過ごし、かなり進行してから白内障手術を受けるぐらいなら、ライフスタイルなどのご都合もあるでしょうが、できれば早めに白内障手術を受けられた方がいいのではないかと思います。

多焦点眼内レンズのコストについて

なかでも、メガネやコンタクトレンズから解放されたい、とお考えの方に検討していただきたいのが、多焦点眼内レンズです。

多焦点眼内レンズには大きく分けて選定療養と自費診療のものがあり、コストの面が気になる方もいらっしゃるかと思います。

しかし長い目で見れば、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を早めに受ける方が、白内障だけでなく老眼からくる見えづらさの解消、トータル的なコスト削減につながる可能性があります。

例えば、会社でも重責を担う立場になった50代に入った方が、老眼の症状を自覚するようになった場合、メガネやコンタクトレンズで矯正するのが一般的です。

しかし、適したメガネやコンタクトレンズを作ったとしても、だいたい3年ほど経つと合わなくなってきます。合わなくなったメガネやコンタクトレンズを使い続けていると眼精疲労にも繋がりますし、頭痛や肩こりの遠因にもなってしまいます。

メガネやコンタクトレンズを作り替え、または買い替え続けるコストに関しては、思い当たる方も多いのではないでしょうか。

老眼の症状を軽減できたにしても、白内障の発症はいずれやってくるわけですから、加齢に伴いメガネやコンタクトレンズを使用しても、満足な見え方はだんだん得られなくなってきます。

数回メガネやコンタクトレンズを作り替えるコストや、目に慣れるまでの使い心地などを考えれば、多焦点眼内レンズは一生ものであり、メガネやコンタクトレンズを必要とせずクリアな見え方を実現してくれます。

また、災害などの緊急事態に対応する際、メガネやコンタクトレンズをつける手間が省け、見たいものを瞬時に見られることは、想像以上に大きいことではないかと思います。

当院では白内障無料説明会を定期的に開催しています

もちろん、老眼治療として多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行うことだけを、絶対視しているわけではありません。

目の状態は千差万別ですし、患者様のライススタイルなどをよくうかがって総合的に判断し、患者様に納得していただいて治療計画を練り上げていくことは、言うまでもないことです。

当院は、患者様が求めておられる見え方の質にできるだけ近づけることができるよう、さまざまな選択肢のご提案に努めています。

また、白内障手術無料説明会、眼内レンズ無料説明会を定期的に開催しています。
わからないことがあれば、ご相談ください。ご参考になれば幸いです。

無料で参加できる白内障手術説明会・多焦点眼内レンズ説明会のご案内

白内障治療のご案内はコチラ

ページトップに戻る

和田眼科グループ医院

  • 和田眼科本院の写真

    和田眼科 本院

    お問い合わせ

    0798-39-3777

    兵庫県西宮市津門呉羽町1-28
    今津医療センター2階
    阪神・阪急今津駅 徒歩1分

    ホームページはコチラ

  • 和田眼科夙川院の写真

    和田眼科 夙川院

    お問い合わせ

    0798-39-8883

    兵庫県西宮市常磐町1-27
    ヤマイチPLAZA さくら夙川2階
    阪神西宮駅徒歩7分
    阪急夙川駅徒歩12分
    JRさくら夙川駅徒歩10分

    ホームページはコチラ