眼科ブログ

ICL(アイシーエル)手術の適応可能条件について

近視治療にはさまざまな方法がありますが、最近、ICL(アイシーエル)手術に関する認知の向上もあって、当院でもICLを希望される患者様が増えています。

近隣だけでなく遠方から来られるケースもあり、幅広い年齢層からお問い合わせをいただく中、スタッフ一同より技術を磨くとともに、的確で真摯な情報発信に努めなければと思う日々です。

今日はICL手術の適応可能条件について、少しまとめてみたいと思います。

当院の原則的なICL適応可能条件

特によくお問い合わせいただくことの一つとして、ICLの適応年齢に関することがあります。

目の状態は人それぞれですので一概には言えませんが、当院での原則的なICLの適応可能条件は以下の状況を鑑み、適応可能と医師が判断した方を対象とさせていただいております。

・年齢21歳から原則45歳まで
・中等度以上の近視および近視性乱視
・過去1年の近視の度数が安定して変動が0.5D以内であること

20代から30代前半の方の場合、若いご夫婦で一緒に説明会に来られる方もいらっしゃいますし、今後のコンタクトレンズ装用との比較でICL治療に踏み切られる方が多いのが特徴と言えるかもしれません。

また、30代後半から40代前半のいわゆるミドルエイジと呼ばれる世代の方の場合、少しお仕事なども落ち着き、今まで使用していたメガネやコンタクトレンズより快適な生活を求めてICLを希望される方が多いようです。

ICL検討の際に押さえておきたいポイント

ICL治療は老眼を治療するものではありませんので、40歳以上の老眼が始まる時期の方は、あえて治療しても、そのあとの老眼進行のために老眼鏡が必要になる場合があります。

また、老眼鏡を避けるためにあえて軽い近視を残す場合もあります。

白内障の進行が今後予想される方は、少し時期を置いて希望される見え方に適した眼内レンズを用いた白内障手術を行う方が、より生活の質・視覚の質を維持できる場合があります。

その他、屈折矯正で近視を軽く残した場合、近方が見やすいことがメリットになる場合もあります。

また、ICLは近視治療ですので、遠視の方には適さない治療法です。

近視の度数が重要になりますので、コンタクトレンズを使用されている方の場合、箱や容器に書かれている数字が「-(マイナス)」で数字が [ 3 ] より大きければICL適応の可能性が高く、小さければICL適応外となる可能性があります。

実際には近視だけでなく乱視なども関係しますし、目の形状や前房深度の浅さなど他の理由で適応外となるケースもありますが、簡易チェックの一つの方法としてわかりやすいかと思います。

当院ではICL無料説明会を定期的に開催しています

目に限らず人間の体は、本来の自然さでは生体の状態に勝るものはありません。

どんな高度な手術をもってしても、やはり限界があるのも事実です。

一方、医学の進歩と医療技術・機器の進化によって、治療の選択肢が広がるとともにその後の生活の質(QOL)や視覚の質(QOV)の維持が期待できる時代になっています。

近視治療で言えば、メガネやコンタクトレンズをすることなく、レーシックよりも安心・安全性に優れた手術としてICLが広まってきました。

手術をするのは日常生活に不自由を感じる場合が基本ですし、手術にはそれぞれ長所と短所が必ずありますので、きちんとした情報提供をすることが大切だと私たちは考えています。

当院ではICL手術無料説明会、ICL簡易無料検査を定期的に開催しています。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。ご参考になれば幸いです。

無料で参加できるICL手術説明会のご案内

ICL治療のご案内はコチラ

ページトップに戻る

和田眼科グループ医院

  • 和田眼科本院の写真

    和田眼科 本院

    お問い合わせ

    0798-39-3777

    兵庫県西宮市津門呉羽町1-28
    今津医療センター2階
    阪神・阪急今津駅 徒歩1分

    ホームページはコチラ

  • 和田眼科夙川院の写真

    和田眼科 夙川院

    お問い合わせ

    0798-39-8883

    兵庫県西宮市常磐町1-27
    ヤマイチPLAZA さくら夙川2階
    阪神西宮駅徒歩7分
    阪急夙川駅徒歩12分
    JRさくら夙川駅徒歩10分

    ホームページはコチラ