眼科ブログ

白内障治療と老眼治療に関するよくある質問、その特徴と注意ポイントについて

最近、比較的中高年の患者様の白内障手術を手掛ける機会が増えています。
また、目の状態を一度チェックしておきたいと、新規来院される方が多くなりました。

「手元が見えづらいから、ひょっとして老眼が始まっているのでは」
「近くの眼科で白内障が始まっていると言われた、本当だろうか」など、きっかけはさまざまです。

なかには、白内障の初期段階だけでなく、緑内障や網膜疾患など他の疾患が進行されている方も見受けられ、スタッフ一同、丁寧な説明と的確な診断で、眼病の早期発見・早期治療ができるように努めております。

白内障は、加齢とともにほぼすべての方が発症する目の病気です。水晶体が濁ることによる見えづらさから解消されるには、最終的には手術を受けることしかありません。

中高年の方の場合、手元が見えづらいなど老眼の症状が出てくることも多いことから、見えづらさを我慢して過ごすよりも、なるべく生活の質や見え方の質を落とすことなく、仕事や日常生活を送っていきたいとお考えの方が増えていることは、とても意識が高いことだと思います。

特に、当院で問い合わせやご相談を受けるようになったのが、多焦点眼内レンズについてです。
当院では、単焦点・多焦点を問わず白内障手術に使用するさまざまな眼内レンズのラインナップをご用意しておりますが、世界初の5焦点眼内レンズ「インテンシティー」や、「インテンシティー」の乱視用眼内レンズに関して、近隣だけでなく遠方からもお問い合わせいただくことが多くなりました。

一方、老眼治療をメインの目的として、白内障があまり進行していない(水晶体がまだそれほど白く濁っていない)のに、白内障手術を受けたいという方も増えています。

多焦点眼内レンズを希望される方が多く、予防意識や自分の体に先行投資する意識は、とても素晴らしいことだと思うのですが、どんな手術もリスクはゼロではありません。目に限らず、人間の体は天然の状態が一番です。どんな眼内レンズも、天然の水晶体には、かなわないと言えます。

白内障手術のタイミングは、日常生活で不自由を感じ始めた時というのが基本で、白内障手術治療の機会に老眼治療も行うというのが、眼科医療本来の考え方です。

老眼治療をメインとして、まだ進行していない白内障の手術を行うというのは、本来の趣旨から外れていることではないかと思います。「視力低下・見えづらい=手術」ではない、ということはご理解いただきたいことの一つです。

もちろん、目の状態は千差万別ですし、見えづらさが白内障の進行によるものなのか、それとも老眼によるものか、他の眼疾患によるものかは、検査してみないと正確にはわかりません。

また、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術だけが、老眼治療として有効というわけではありません。一番大切なことは、患者様が見えづらさから解放され、健やかな生活を送っていただくことです。

当院は、正確な検査と的確な診断、患者様のライフスタイルなどをよくうかがって総合的に判断し、患者様のご納得のもとで治療を進めております。

白内障手術はどんな手術なのか、眼内レンズにはどういう種類があるのかなど、専門のインストラクターが丁寧に解説する白内障無料説明会、多焦点眼内レンズ無料説明会を定期的に開催しています。

わからないことがありましたら、ご相談ください。ご参考になれば幸いです。

ページトップに戻る

和田眼科グループ医院

  • 和田眼科本院の写真

    和田眼科 本院

    お問い合わせ

    0798-39-3777

    兵庫県西宮市津門呉羽町1-28
    今津医療センター2階
    阪神・阪急今津駅 徒歩1分

    ホームページはコチラ

  • 和田眼科夙川院の写真

    和田眼科 夙川院

    お問い合わせ

    0798-39-8883

    兵庫県西宮市常磐町1-27
    ヤマイチPLAZA さくら夙川2階
    阪神西宮駅徒歩7分
    阪急夙川駅徒歩12分
    JRさくら夙川駅徒歩10分

    ホームページはコチラ