兵庫県西宮市・阪急阪神今津駅から徒歩1分

和田眼科 TEL: 0798-39-3777
メニュー
兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。
  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

ICL無料説明会のお知らせ

ICL無料説明会
「新しい近視矯正治療のおはなし」
のご案内

従来、近視や遠視または乱視に対しては、メガネやコンタクトレンズで矯正するのが一般的でした。

その後、メガネやコンタクトレンズのわずらわしさから解放されたい方のために、屈折矯正手術という選択肢が生まれました。

代表的なのがレーシックですが、現在それに代わる新しい屈折矯正手術として注目されているのがICL手術((眼内コンタクトレンズ挿入手術)です。

和田眼科では、「新しい近視矯正治療のおはなし」としてICL手術に関する無料説明会を定期的に開催しています。

質疑応答の時間も設けておりますので、ご一緒にぜひご参加ください。

最新の近視治療「ICL」の詳しい説明はコチラ>>

ICL説明会 11/17(日)
9:30〜
11/28(木)
15:30〜
12/5(木)
15:30〜
12/15(日)
10:00〜
■ 場   所
:和田眼科 (兵庫県西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階)
(兵庫県西宮市先進医療認定施設)
■ 予約先
:TEL:0798-39-3777

無料説明会は予約制となっておりますので、お電話かホームページの予約フォームからご予約していただきますよう、よろしくお願いいたします。

ICL手術とレーシックの違い

レーシックは優れた手術方法でありますが、角膜を削る手術のため「術後に不具合があっても元に戻すことはできない」「強い近視を矯正できない」などの欠点があります。

これに対してICL手術は、角膜と水晶体の間に薄いレンズを入れることで、屈折矯正を行う手術です。わかりやすく言えば、目の中にコンタクトレンズを埋め込むイメージで、そのため「眼内コンタクトレンズ」とも呼ばれます。

レーシックと比較した場合、ICL手術の主な特徴は次の通りです。

  • 万が一、術後に不具合が生じても、レンズを取り出し元に戻すことができる
  • 角膜を削らないので、レーシックができない強い近視や乱視でも手術ができる
  • レーシックはドライアイが悪化するが、ICL手術は悪化しない
  • ドライアイが悪化することがなく、見え方の質も低下しない

無料説明会のあと、ご希望の方はICL簡易適性検査を受けることができます

ICL手術で目の中に入れたレンズはメンテナンスの必要がありませんが、術後の感染予防がとても大切です。

そのため確かな技術を持ち手術できることはもちろん、最新の情報をアップデートし手術適応かどうかの見極めと術後管理に優れていなければなりません。 

ICLを通じて日本における屈折矯正手術の再構築と、技術や知識を次世代に引き継ぎ、より安全で正確な手術の確立と普及を目的に設立されたICL研究会が日本にはあります。

和田眼科の和田佳一郎院長は、このICL研究会に所属し、学会参加や共同研究など研究会の活動に精力的に参加しています。

ICL手術を希望される患者さんでも、目の状態によっては手術ができない場合もあります。

ご希望の方は、簡単な適応検査と、豊富な執刀経験を持つICL認定医の和田院長の診療を受けることができます。

ICL手術のメリット・デメリットを始め、診療相談・手術相談を詳しく行いますので、安心してご参加ください。

正式なICL適性検査(初回無料)をご希望の方は、下記ボタンからお申し込みください。