兵庫県西宮市・阪急阪神今津駅から徒歩1分

和田眼科 TEL: 0798-39-3777
メニュー
兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。
  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)

乱視も老眼も治療可能な多焦点眼内レンズ
3焦点眼内レンズ「ファインビジョン」とは?

三焦点眼内レンズファインビジョン

日本において多焦点眼内レンズが使用されるようになったのは、厚生労働省の認可を受けた2007年以降のことです。

それまで手元か遠方どちらかにしかピントが合わなかった単焦点眼内レンズに対し、手元と遠方の両方にピントが合う多焦点眼内レンズの登場は、「眼鏡が必要なくなって嬉しい」など多くの患者さんから高い満足のお声を頂戴し、生活の質の向上に貢献することができました。

ところで、風景を見る時や運転をする時の遠くの距離は漠然とわかりますが、手元の距離というと何cmをイメージされるでしょうか。

2焦点の多焦点眼内レンズの場合、手元は読書をするぐらいの距離「33〜40cm」にピントを合わせています。

パソコンの画面を見る時や家事を行う際の手元などは、もう少し離れた距離、いわゆる「中間距離(65〜70cm)」になります。

情報化社会がますます進む中、年配の方でも仕事やプライベートでパソコンを使用することが増えました。

そうした社会の要請に応えて、それまで手元と遠くの視力に比べて中間距離はやや低い傾向にあった多焦点眼内レンズが進化し、中間距離にもピントを合わすことができる3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)が開発されました。

それが「ファインビジョン」です。

紹介Movie

ファインビジョンの特徴とメリット

ファインビジョン(FINE VISION)は、ベルギーのPhysIOL社(ベルギー)が2011年に発売を開始した3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)です。

このレンズの特徴は、まず何といってもそれまでの多焦点眼内レンズの弱点であった中間距離の見え方の精度を高め、手元・中間距離・遠くの3点にピントが合う眼内レンズということです。

乱視と白内障手術前イメージ

他の眼内レンズに比べて中間距離が見やすいことは、眼鏡の使用頻度を減らす事に繋がり、わずらわしさから解放され快適な日常生活をもたらしてくれます。

こちらの画面をご覧いただければ、よりファインビジョンの特徴がわかります。

見え方

左のこれまでの多焦点眼内レンズの見え方に比べ、右のファインビジョンの見え方は、窓の向こうの風景、中間距離のパソコン、手元の写真それぞれにピントが合っていることがお分かりいただけると思います。

また、ファインビジョンの大きな特徴は、乱視用レンズもあるということです。

これまでは乱視のある患者さんに多焦点眼内レンズを使用した手術を行う場合、眼内レンズの手術以外に乱視を治すためのレーシックを行う必要があるなど費用がより高額になるケースが多かったのです。

しかし、ファインビジョンの登場によって1回の白内障手術だけで乱視も治療することが可能となりました。

目の手術というのは一度やると恐怖感を覚えて、もうやりたくないとお考えの方もいらっしゃいます。

1回の手術で白内障だけでなく乱視も治療できることは、費用の面でも気持ちの面でも大きなメリットと言えます。

乱視をお持ちの方の3焦点眼内レンズを使用した術前・術後のイメージは次の通りです。

乱視と白内障 手術前イメージ
乱視と白内障手術前イメージ

トーリック3焦点眼内レンズによる手術後イメージ
トーリック3焦点眼内レンズによる手術後イメージ

白内障手術前イメージ
乱視と白内障手術前イメージ

3焦点眼内レンズ(トリフォーカル眼内レンズ)による白内障手術後イメージ
乱視と白内障手術前イメージ

いかがでしょうか。

乱視をお持ちの方の場合、これまではどうしても乱視用メガネなどを使用する必然性がありました。

現時点で使用できる世界最先端の多焦点眼内レンズであるファインビジョンは、そうした乱視用メガネを使用することなく快適に日常生活を送ることができます。

さらにファインビジョンのメリットとして挙げられるのは、夜間に車の運転をする際に起きるハローやグレアの症状が軽減されるということです。

ハローは対向車のヘッドライトの周りに輪が見えることで、グレアは対向車のヘッドライトがにじむことを指します。

これまでの2焦点しかない多焦点眼内レンズの場合、単焦点と比べてもハローとグレアを感じやすいと言われてきました。

しかし、ファインビジョンはこうした点を大きく改善しており、特に夜間に運転する機会の多い長距離トラックや観光バス、タクシーの運転などに携わる人たちにとって大きなメリットがある眼内レンズです。

ファインビジョンの特徴のまとめは次の通りです。

  • 手元、空間距離、遠くの3つにピントが合うことで眼鏡がほぼ不要になる
  • 乱視用レンズがあるため、白内障と乱視を同時に治療できる
  • ハローとグレアがこれまでのレンズより軽減される
  • 白内障・乱視治療だけでなく老眼治療としても最適なレンズと言える

手術費用

ファインビジョンは、日本では未承認の眼内レンズのため、先進医療保険適用外の自由診療になります。

白内障手術時にどの眼内レンズを使用するかは、患者さんのライフスタイルや考え方、眼の状況や希望される見え方など総合的に判断し、綿密な術前検査とコミュニケーションのもと決定していきます。

少しでも不安や疑問がございましたら、遠慮なくご相談ください。

  • 乱視なしの場合 片眼44万円(税込)
  • 乱視ありの場合 片眼49万円(税込)
bottom_sp